阪神・淡路大震災 1.17×22ndの集い~神戸都心の未来の姿~

阪神・淡路大震災から22年を経過した今、神戸のまちづくりは新たなステージを歩み始めます。
都心の目指す未来の姿を一緒に考えましょう。

 

日 時 2017年1月15日(日)14:00~16:00

会 場 2階ホール

定 員 70名

入 場 無料

 

基調講演『神戸都心の未来の姿』

 

講 師 加藤 恵正 氏

1952年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業、神戸商科大学(現 兵庫県立大学)大学院修了。博士(経済学)。経済地理学を専攻し、都市政策や地域経済政策を研究する。現在、日本の都市が「負のロック・イン」から脱し、本来の力を発揮する社会イノベーションのあり方に関心を持っている。神戸の都心の『未来の姿』検討委員会 委員長

 

ゲスト 村上 豪英 氏

1972年生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学大学院理学研究科(生態学研究センタ-)修了。2011年に東日本大震災をきっかけに神戸モトマチ大学を主宰。2015年より、東遊園地を育てる社会実験「アーバンピクニック」を開催し、神戸の都心の未来に市民が関わる方法を模索中。

 

同時開催『ユースセミナー2016振り返り』

     ・日時 2017年1月15日(日)13:00~

     ・場所 2階ホール

    『三宮・懐かしのアーカイブ写真展』ほか

     ・期間 2017年1月13日(金)~17日(火)

     ・場所 地下ギャラリー

 

主 催 (一財)神戸すまいまちづくり公社 こうべまちづくり会館

協 力 (有)きんもくせい

 

≪問合せ先≫

 こうべまちづくり会館(TEL:078-361-4523)


Copyright© (一財)神戸すまいまちづくり公社 住環境再生部 支援課 まちづくり会館

※ホームページを快適に閲覧するために次の推奨ブラウザをご利用下さい。                                            【Win】Internet Explorer 10以上/Firefox 30以上/Google Chrome 30以上【Mac】Safari 6以上/Google Chrome 30以上